消化器

​最新分析事例

絞り込み:

消化器

NASH患者における治療実態及び個別治療フロー分析

February 6, 2022

JMDCが保有する医療機関/臨床検査値DBを使用し、現在適応薬剤が無い非アルコール性脂肪肝炎領域における治療実態分析、個別の治療フロー分析を行った。

消化器
糖尿病/代謝/内分泌

患者数だけじゃない!適切なデータベース選定のポイント

January 10, 2022

疾患の”クセ”に着目して、保険者データベース、医療機関データの両方の視点から疾患を分析した。
片方のデータベースからでは見えないそれぞれのデータベースの裏側が見える。

消化器
皮膚科
希少疾病

レセプトとアンケートから見る疾患別QOLの変化

November 1, 2021

JMDCではヘルスケアプラットフォーム Pep Upを通し、健保加入者に定期的なQOL調査を行っている。
アンケート結果だけでなくレセプトも見ることで、より正確に疾患や治療状況を把握できる。
今回は2021年2月から6月にかけてのQOLの変化を疾患別に分析した。

消化器
免疫/膠原病/感染症
希少疾病

早期結腸がん患者における内視鏡、手術治療状況

February 27, 2018

近年、早期結腸がんの摘出において、内視鏡治療や、開腹術に比べ低侵襲である腹腔鏡下手術の普及がみられます。今回は内視鏡治療、手術療法が推奨される早期の結腸がん患者を対象とし、内視鏡/腹腔鏡下手術/開復手術の実施状況と、手術適応患者における術式別の術後から退院までの日数を確認してみました。

消化器
がん

ASSESSING A PHYSICIAN VISIT FOR HEPATIC DYSFUNCTIONBASED ON DATABASE MERGING CLAIMS ANDANNUAL HEALTH CHECKUP DATA

July 14, 2015

2015年5月16日~20日、フィラデルフィアで行われた第20回国際医薬経済学会(ISPOR 20th Annual International Meeting)において、日本医療データセンターおよびクリエイティブ・スーティカルよりポスター発表した、肝臓関連疾患に関する探索的なレセプトデータ分析についてお伝えします。

消化器

ラモセトロン、女性の過敏性腸症候群へ適応拡大

May 19, 2015

4月28日、下痢型過敏性腸症候群治療薬であるラモセトロン塩酸塩の適応に、女性患者を追加することが了承されました。今回は同様に過敏性腸症候群の適応を持つポリカルボフィルカルシウムの診断名付与状況や、過敏性症候群の診断割合を男女別、年齢階級別に検証します。

消化器
婦人科/乳腺外科

レセプトと健診の突合による肝機能異常者の医療機関受診評価

February 17, 2015

今回は、2015年1月21日~23日に名古屋で開催された第25回日本疫学会学術総会において、日本医療データセンターより発表した演題内容をお伝えします。

消化器

学会発表事例:本邦における化学療法施行時のB型肝炎ウイルススクリーニングの現状

August 7, 2014

今回は、2013年9月のEuropean Cancer Congress 2013においてポスター発表されました「Present status of screening for hepatitis B virus infection inpatients undergoing chemotherapy in Japan(本邦における化学療法施行時のB型肝炎ウイルススクリーニングの現状)」についてご紹介します。

消化器

生物学的製剤投与とB型肝炎検査

December 3, 2013

生物学的製剤の登場により関節リウマチの治療は大きく進歩しました。一方、その強力な免疫抑制作用により重症感染症のリスクが高まるため、投与開始前、投与中におけるモニタリングが重要です。今回は生物学的製剤の推移と、懸念される感染症のうちB型肝炎の再活性化にフォーカスして、その検査実施状況について実態を見てみます。

消化器

ヘリコバクター・ピロリ感染と慢性胃炎

May 28, 2013

平成25年2月21日、「ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎」に対する効能・効果追加の公知申請が承認され、同月22日より除菌治療が保険適用となりました。 これを機にヘリコバクター・ピロリ感染胃炎患者における治療の選択肢が増え、ヘリコバクター・ピロリ感染の検査実施率も拡大することが予想されます。今回はヘリコバクター・ピロリ感染患者と胃炎の関係、検査実施率について分析しました。

消化器