眼科

​最新分析事例

絞り込み:

眼科

緑内障薬処方患者の併病

March 26, 2014

緑内障治療薬の一つであるβ遮断薬は、喘息など、相反する作用を持つβ刺激薬適応疾患における投与は禁忌となります。今回はβ遮断薬とそれ以外の緑内障薬処方患者における喘息併用率を比較検討しました。

眼科

アレルギー性鼻炎/結膜炎における予防投与

April 19, 2011

抗アレルギー剤の予防投与によってアレルギー性鼻炎/アレルギー性結膜炎の症状の軽減が期待される報告がありますが、実際どれくらいの患者が予防投与を受けているのでしょうか。2010年度のデータで検証してみたいと思います。

眼科
耳鼻咽喉科

緑内障治療薬合剤のポテンシャル

March 23, 2010

2010年1月、緑内障・高眼圧治療領域では国内初となる複数の有効成分を配合した点眼剤が製造販売承認されました。今回はそのポテンシャルを併用薬効数、点眼回数の相違の観点から見てみました

眼科

花粉症は女性に多い?

March 8, 2007

今回のテーマは花粉症です。やはりスギ花粉が飛散する3月に受診が集中する傾向がみられました。また花粉症患者を年齢別にみると、小児、幼児では成人より受診率が高く、男女別でみると女性の受診率が高い、という傾向がみられました。

免疫/膠原病/感染症
眼科
耳鼻咽喉科

高眼圧症から緑内障へ

October 12, 2006

緑内障で視野狭窄が進行すると、欠けた視野は投薬でも手術でも取り戻すことができません。日本では失明原因の第2位となっています。今回は緑内障に関連の深い「高眼圧症」について検証してみました

眼科

緑内障における顕在・潜在マーケット

April 20, 2006

自覚症状が乏しく、罹患していにるにもかかわらず受診していない患者が多い疾患は、顕在化されていないマーケットが大きいと思われます。今号は「緑内障」を例に実際の受診率と病床率を分析してみました。緑内障は、適切に治療しなければ失明という重篤な視覚機能障害に至る疾患です。顕在マーケットの把握とともに、潜在マーケットを顕在化させていくことが必要です。

眼科