脳・神経

​最新分析事例

絞り込み:

脳・神経

調剤薬局形態別 患者動向の分析

February 25, 2020

患者さんは処方箋を受け取った後、どのような薬局で薬を受け取っているのか。
調剤薬局の形態(地域薬局/チェーン薬局/院内薬局 など)によって、
傾向が異なるのではないかという仮説を立て、保険者DBを用いた分析を行った。

脳・神経

異なるデータベースによる有病、治療動向の検討‐アルツハイマー病‐

April 10, 2018

現在日本には利用可能な医療情報データベースとして様々なものがありますが、そのデータソースの特性により年齢や医療機関のカバー率に偏りがあり、一つのデータベースだけでは一般化が困難なケースもあります。今回はアルツハイマー病を例に、JMDC保険者データとJMDC医療機関データによる有病、治療動向を検討しました。

脳・神経

DPC調査データ Hファイル -入院患者の医療・看護必要度-

December 17, 2017

DPC調査データのHファイルは、特定の病棟ごとに指定された医療や介護の必要度を報告するファイルで、入院から退院まで1日ごとの状況を記録して提出することになっています。今回はこのHファイルについて、その内容と具体的な一例についてご紹介します。

脳・神経

脳卒中入院患者のADLスコア

October 31, 2017

今回は、JMDCが医療機関より収集しているDPC調査データを活用して、脳血管疾患で入院した患者における発症前/退院時のRankinスケール、入院時/退院時におけるADLの変化について調査しました。

脳・神経

CKD重症度分類等のCKDリスク因子と人工透析・急性冠動脈疾患・急性脳卒中の発生の関連性の検討

June 3, 2016

2016年5月24日~27日に開催された第89回日本産業衛生学会において、日本医療データセンターより口演発表した「CKD重症度分類等のCKDリスク因子と人工透析・急性冠動脈疾患・急性脳卒中の発生の関連性の検討」についてお伝えします。

脳・神経
腎/泌尿器

プレガバリン~発売からの動向~

February 19, 2013

痛みの薬物治療に、2010年6月に疼痛に適応をもった抗てんかん薬であるプレガバリン、2011年7月にはオピオイドとアセトアミノフェンの配合剤が登場し、疼痛における薬物治療は大きく変わりつつあります。今回はプレガバリンの発売からの動向を検証します。

脳・神経

睡眠不足の自覚とうつ病の関係

January 24, 2011

うつ病に伴う身体症状として、睡眠障害は最も関連の深いものの一つですが、そもそも自分は睡眠不足だと自覚している人はどれくらいいるのでしょうか。また睡眠不足の人とそうでない人において、うつ病の受診はどう違うのでしょうか。今回は健診(問診)データとレセプトデータを使って調査をしました。

脳・神経
精神

更年期障害 -診療科における治療の違い-

May 17, 2010

更年期障害の推計診断患者数は130万人、今回はこの更年期障害の薬物治療について内科、産婦人科別に比較をしてみました。

脳・神経
精神

うつ病と痛み

November 30, 2009

最近、うつ病と痛みを伴う疾患の関係が注目されてきています。うつ病になると通常よりも痛みを感じやすくなると言われますが、実際の合併率はどの程度なのでしょうか。今回は、うつ病患者における痛みを伴う症状の合併率を考察してみました。

脳・神経
精神

増加する:うつ病とCNS系薬剤

October 2, 2008

うつ病受診率と抗うつ薬・催眠鎮静薬・抗不安薬の処方率の世代別トレンドを追いかけてみたところ、年齢上昇につれ催眠鎮静薬・抗不安薬処方対象疾患は広くなるようです。

脳・神経
精神