精神

​最新分析事例

絞り込み:

精神

分析軸の違いが新患数へ及ぼす影響の検討

January 27, 2020

データ分析軸の違いが新患数に及ぼす影響を調査することを目的に、下記 2 点を分析しました。
1. 処方患者 1 人あたりのかかる調剤薬局数(患者軸)
2. 分析軸による新患数の差(患者軸・薬局軸)

精神

Assessment of the impact of medical fee schedule revision on polypharmacy of psychotropic agents in Japan

August 30, 2016

2016年8月25日~28日に、ダブリンで開催された32nd International Conference on Pharmacoepidemiology & Therapeutic Risk Management(ICPE)において、日本医療データセンターおよびクリエイティブ・スーティカルよりポスター発表した、Assessment of the impact of medical fee schedule revision on polypharmacy of psychotropic agents in Japanについてお伝えします。

精神

夫婦間における精神疾患の受診状況と影響の検討

February 16, 2016

2016年1月21日~23日に開催された第26回日本疫学会学術総会において、日本医療データセンターよりポスター発表した分析についてお伝えします。

精神

レセプトで見る新型うつ病

April 7, 2015

新型うつ病は、医学的に定義・分類された病名ではなく、診断や治療も明確に定められたものがありません。精神医学的に「うつ病」とは診断し難く、他の精神医学的な診断が妥当とされるようです。今回は新型うつ病と判断される場合に付与されそうな標準病名についてその患者数推移と、専門医非専門医別の治療の違いについて検討しました。

精神

適切な向精神薬の使用の推進 -平成26年度診療報酬改定-

March 11, 2014

平成26年3月5日、平成26年度診療報酬改定が公示されました。適切な向精神薬の使用を推進するために、抗不安薬、睡眠薬、抗うつ薬及び抗精神病薬の処方に関する改定が盛り込まれています。今回はこの実態をレセプトデータで分析しました。

精神

ニコチン依存症管理料~保険適用後の推移~

January 15, 2014

2006年度の診療報酬改定でニコチン依存症管理料が新設となり、ニコチン依存症管理料の算定できる医療機関においてニコチン依存症と診断されれば、禁煙補助剤による治療が保険適用となりました。現在ニコチンとバレニクリンの2剤が上市されていますが、その受診状況は時事の波を受けて興味深い変化を示

精神

うつ病~患者数トレンドと治療動向~

December 3, 2012

現在、うつ病患者は増加の一途をたどっており、大きな社会問題の一つとなっています。勤労者のうつ病の場合、企業における労働生産性にも影響し、病気による欠勤である「アブセンティーイズム(Absenteeism)」に対して、病気であるにも関わらず出勤することで労働生産性の低下をもたらす「プレゼンティーイズム(Presenteeism)」という概念も誕生しています。今回はうつ病領域について検証しました。

精神

ライセンスインを考える2~抗うつ薬との販売効率の観点から~

July 30, 2012

製薬会社が抗うつ剤と同時に開発を考える際の組み合わせについて、販売効率の観点から、①施設セグメンテーション(病床規模、診療科など)、②患者セグメンテーション(年齢性別、併病、副作用など)の戦略が考えられます。今回は、患者セグメンテーションの観点から考えてみます。

精神

ライセンスインを考える~抗うつ薬との販売効率の観点から~

July 9, 2012

抗うつ剤メーカーにおいて他の領域の薬剤開発を考える際、販売効率の観点からどのような組み合わせを考えるべきでしょうか。今回は、施設セグメンテーションの観点から考察してみました。

精神

悪性新生物と精神疾患

July 12, 2011

癌患者における精神疾患は、その予後の悪さや治療の過酷さ故に密接な関係にあります。今回は癌患者における精神疾患および睡眠障害の合併率を、年代別、抗がん剤有無別に検証してみました。

精神
がん